メニュー
MY STYLE
メニュートップ
英会話
メニュートップ
プログラミング
メニュートップ
家庭教師
メニュートップ
通信教育
メニュートップ
その他
メニュートップ

どのスクールに通わせるべき?
3種類の子ども向けプログラミング教室

子どもが学べるプログラミング教室の種類を解説~特徴や授業料の相場にも言及!

子ども向けのプログラミング教室は一般的に3種類に分けることができます。プログラミング言語を用いた開発を学ぶ教室、ロボットを作ってプログラムで動かす教室、パソコンの基本的な使い方を学ぶ教室、それぞれに選ぶ際に基準としたいポイントがあります。

プログラミング教室はどれも同じではない

プログラムが書かれたパソコンの画面

小学校でプログラミング教育が始まったことで、子どもをプログラミング教室に通わせようと考えるご家庭が最近増えています。

住んでいる地域にオフラインの教室があればラッキーですが、地方であればプログラミングを学べる教室の数はまだまだ少ないのが現状です。

周りに教室がないけど、どうしてもプログラミングを学ばせたいという方は、オンラインで運営されている教室を検討してみるとよいでしょう。

しかし、プログラミング教室と一言で言っても、実はいくつかのタイプに分けられるということをご存知でしょうか?

今回の記事では、教室選びの際に知っておきたい、プログラミング教室の種類を分かりやすく解説していきます。

3種類の子ども向けプログラミング教室

現在、私たちの周りには、オンライン・オフラインを問わず、大きく3種類のプログラミング教室が存在しています。

タイプによって「学べること」も「掛かるお金」も異なりますので、それぞれの教室の特徴を理解しておきましょう。

① 言語を使ったプログラミングを学ぶ教室

オンラインでプログラミングの授業を受ける男の子

皆さんが一番想像されるプログラミング教室がこの「プログラミング言語」を学べる教室ではないでしょうか?

このタイプの教室では一般的に、教育用に開発されたプログラミング言語であるScratchを使って簡単なゲームやアプリを開発することが多いです。

Scratchはビジュアルプログラミングとも呼ばれ、コードを書かずにプログラムを作っていきます。

コードを用いることはありませんが、プログラミングにおける基礎的な考え方はしっかり学べる仕組みとなっているので、プログラミング初心者のお子さんがプログラミングを学ぶのに適した言語です。

上級レベルのコースになると、大人のエンジニアが実際の仕事で用いるSwiftやJavaScriptといったプログラミング言語を用いてアプリ開発をすることもあります。

「将来はエンジニアになりたい!」と考えるお子さんの場合には、この種類の教室が非常におすすめですよ。

料金は3種類の中では真ん中

料金に関してはそれほど高くありません。
今回の記事で解説する3種類の教室の中では中間に位置していると言えるでしょう。

また、基本的にはPC上の画面で授業が完結してしまう側面から、「オンライン」型の教室とも非常に相性がよく、オンラインであれば料金は安く抑えられる傾向があります。

実際の授業料はピンきりで、週1回のオンライン授業で4,000円/月のスクールもあれば、週1の授業で20,000円/月という教室もあります。

授業料以外に掛かるお金は、発生しても入会金のみという教室が多いので、プログラミング言語を学ぶタイプの教室であればお金はそんなに掛からないと理解してよいでしょう。

② ロボットを作って動かす教室

ロボットプログラミングを学ぶ2人の男の子

つづいて解説する教室の種類は「ロボットプログラミング教室」
子ども向けの教室の中ではロボット系スクールが最も主流であり、オフラインの教室の数も一番多い印象です。

その名の通り、教材を使ってロボットを組み立て、プログラムを書くことによってロボットを動かす経験ができます。

幼い頃からおもちゃのロボットやブロックを組み立てるのが大好きなお子さんにはとてもおすすめできるプログラミング教室です。

ロボットプログラミング教室の場合にも、プログラミング的な思考を身につけることができますし、物理的な知識を自然と習得することもできます。

また、ロボットの世界にハマることになれば、これからの時代に需要が高まるであろう、ロボットエンジニアのようなキャリアを目指すことになるかもしれません。

教材費が高いのでお金は一番必要・・・

肝心の料金ですが、3種類の教室の中では一番高いと理解しておきましょう。

毎月の授業料や入会金は先ほど解説したプログラミング教室とあまり変わらないのですが、それらに加えて、多額の教材費が掛かるのがロボット教室の特徴です。

安くても2万円、高いものだと5万円を超えるようなロボットのキットを買うことになるかもしれません。

③ パソコンの使い方を学ぶ教室

タイピングをする女の子

最後にご紹介するのは、プログラミング云々ではなく「パソコンの使い方そのもの」を学ぶことができるパソコン教室です。

もともとは社会人やシニア向けに開校された教室が子どもを受け入れるようになったケースもたくさんあります。

最近の子どもたちは、スマホやタブレット端末を器用に使いこなす一方で、パソコンの使い方を知らなかったり、タイピングが苦手だったりと、家で自分のパソコンを与えられていない限り、スムーズに使うことができません。

そのため、パソコン教室は「子どもには最低限パソコンを使えるようになってほしい」「プログラミングを始める前にパソコンの使い方を学ばせたい」というご家庭におすすめです。

料金は一番安い

パソコン教室は他のプログラミング教室と比較すると専門性が低いため、授業料が安く設定されています。

集団授業の場合、1時間の授業で1,000円~受けられることもあります。
また、マンツーマンの場合でも2,000円~/月と、かなりの低価格で受講できるようです。

入会金も比較的安く、5,000円程度に収まる事が多いでしょう。

したがって、まずはパソコン教室でパソコンの基本的な使い方をマスターして、その後、言語での開発やロボット作りを学ぶプログラミング教室へと移行するのが一番おすすめですよ。

TOP