メニュー
MY STYLE
メニュートップ
英会話
メニュートップ
プログラミング
メニュートップ
家庭教師
メニュートップ
通信教育
メニュートップ
その他
メニュートップ

ここをチェックすれば失敗しない!
子ども向けオンライン英会話の選び方

オンライン英会話を選ぶ際には必ず無料体験で数社を比較!

子どものためにオンライン英会話を選ぶ際には、毎月の利用料金はもちろんのこと、キッズ教材や講師の数・国籍、システムの使いやすさをしっかり確認しておきましょう。また、無料体験を積極的に活用することで、子どもに合ったサービスを確実に選ぶことができますよ。

子ども向けオンライン英会話の選び方

オンライン英会話のスクール選びをする親子

「子どもに英会話を習わせたい」と考える方のなかには、オンライン英会話が気になっているという人も多いでしょう。
オンライン英会話を子どもに習わせてみたいけど、どのスクールを選べばよいのか悩んでしまいますよね。

スクール選びで失敗してお子さんが英語嫌いになってしまわないよう、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

選ぶ際にチェックすべき5つのポイント

では、実際にスクールを比較・検討する際にどの部分に注意して見ていけばよいのか、今回は5点に絞って解説していきます。

① 子ども向け教材の有無

子どもが受講するのであれば、当然子ども向けの教材が充実しているかをチェックしなければなりません。
サービス・スクール自体が子どもオンリーのところもあるので、そういったところは気にしなくても良いでしょうが、そうでない場合は必ず見ておきたいところです。

ほとんどのスクールでは無料で教材を使えるのですが、ときどき推奨教材を購入するように促すところがあります。結構有名な子ども向け教材であることが多いので、買ってみてもよいでしょう。

② 講師の国籍

オンライン英会話では、フィリピン人が講師をしているスクールが多いです。
フィリピンは英語が公用語となっており、アメリカ英語を綺麗に話せる人がたくさんいます。

フィリピン国旗

陽気でフレンドリーな国民性が特徴なので、子どもに英語を教えるのに向いていると言えるでしょう。
ちなみに、フィリピン人講師しか在籍していないオンライン英会話の利用料金は業界最安値となっています。

また、ネイティブや日本人を講師に採用しているスクールも最近増えてきました。 フィリピン人講師の多いオンライン英会話よりも利用料金は高くなりますが、「英語はやっぱりネイティブから学んでほしい」という需要があるため、こちらも人気を集めています。

③ 講師の数

オンライン英会話を選ぶ際、意外と重要になるのが「講師の在籍人数」。これがレッスンの予約のしやすさに直結していきます。

特に開校してまだ1~2年のスクールは講師の人数が少ない傾向にあり、実際に「予約が取りづらい」といった口コミが多い印象です。 ある程度名前の通ったオンライン英会話であればこのあたりの心配はないでしょう。

④ システム・教材の使い心地

オンライン英会話のシステムに不満を感じる男の子

オンライン英会話のレッスンはSkypeを活用したものが主流でしたが、最近ではスクール独自の学習システムを構築しているところが少しずつ増えています。
このあたりの使いやすさを確認しておくのも大切になるでしょう。

また、教材はオンラインで使用するのが一般的です。
オリジナル教材をシステムの中に取り込んでいるところもあれば、市販の教材をPDFファイルでダウンロードして使用する形になっているところもあります。

⑤ 月額の利用料金

これは言うまでもありませんが、利用料金をしっかり確認しておきましょう。
講師の国籍や独自サービスの有無などによって、スクールごとに料金体系が大きく異なります。

通常の英会話教室と比較するとかなり安く感じるとは思いますが、他の習い事とのバランスも考慮しながら検討しましょう。

無料体験で数社のレッスンを受けてみる

オンライン英会話を選ぶ際に見るべきポイントが分かったところで、実際にスクールを決める段階になったら、必ず「無料体験」を受けさせるようにしましょう。
ほとんどのスクールで無料体験を受けられるようになっており、1~2回しか体験できないところもあれば、1週間や10日間ずっと体験し放題のスクールもあります。

1社だけでなく気になったところをいくつか体験してみると、それぞれのスクールの良し悪しが見えてくるのでおすすめです。

2~3ヶ月の間は2社を並行利用でもOK

無料体験を受けてみて「どれも印象が良かった」「どっちも受けさせてみたい」ということもあるでしょう。
そんな時は、しばらくの間2社を並行して利用してみるのも良いと思います。

例えば、A社とB社でそれぞれ週1回ずつレッスンを受けてみるのも面白いです。
2~3ヶ月どちらも続けてみて、最終的に1社に絞り込むと最善の選択ができるでしょう。

TOP