メニュー
MY STYLE
メニュートップ
英会話
メニュートップ
プログラミング
メニュートップ
家庭教師
メニュートップ
通信教育
メニュートップ
その他
メニュートップ

プログラミングも学ばせたい!
おすすめの通信教育4選

通信教育なら5教科と併せてプログラミングも学べる

教室やスクールに通わなくても、通信教育を使えば自宅でプログラミングを学ぶことができます。もちろん、通信教育だけの学習では、基礎の部分やプログラミング的な考え方しか触れられません。しかし、お子さんに試しにプログラミングを勉強してもらう分には十分すぎる教材となるでしょう。

通信教育を利用したプログラミング学習

当サイトでは、オンラインでレッスンを受講できるプログラミング教室をご紹介しています。
しかし、月謝は必ずしも安いとは言えないため、「もっと安くで子どもにプログラミングを勉強させてあげられないかな」と思った方もいらっしゃったのではないでしょうか?

そこで教室やスクールでの学習の次におすすめできるのが、通信教育を利用する方法です。

タブレット型通信教育の普及で増加中

通信教育を利用してプログラミングを学ぶといっても、昔ながらの紙タイプのテキストでは学びにくいでしょう。
ですが、最近は「タブレット」を使って学ぶ通信教育がかなり普及してきました。

子ども向け通信教育の大手のほとんどが、このタブレットを活用した教材をここ数年は強く押しています。
そして、国語や算数などの教科と併せて、プログラミングを一緒に学べるものも増えてきたのです。

通信教育でプログラミングを学ぶメリット

では、教室ではなく通信教育を通じてプログラミングを学ぶことには、いったいどのようなメリットがあるのか、一緒に考えてみましょう。

初心者でもタブレットで楽しく学べる

ほとんどの通信教育ではプログラミングを薄く楽しく学べるようになっています。
深くガッツリ学びたいという子どもにはあまり向いていないかもしれませんが、プログラミングに触れたことがない子どもにはピッタリの学習方法だと言えるでしょう。

また、実績のある有名な通信教育は、学習を楽しく継続させるポイントを押さえた教材作りを実現しています。
自宅でコツコツ学べる仕組みを上手に取り入れているので、子どもが勝手に勉強するようになるのが通信教育の大きな強みです。

国語・算数・英語などの教材を含んだ料金

通信教育の利用料金の相場については、こちらのページで詳しくご紹介していますが、ざっくり月額5,000円前後の値段で受講することができます。
そしてこの価格のみで、プログラミングだけではない、国語や算数、英語などのほとんどの教科を学習可能です。

・プログラミングをしっかり学ばせたいわけではない
・他教科の基礎も習得させたい
・できるだけ安くいろんなことを学ばせたい

このような希望をお持ちの方は、通信教育でプログラミングを学ばせるメリットを感じられるのではないでしょうか?
他教科とプログラミングを融合させた学習教材もあるみたいですよ。

プログラミングを学べるおすすめの通信教育

進研ゼミ小学講座 チャレンジタッチ

進研ゼミ小学講座 チャレンジタッチ公式サイトのスクリーンショット画像

進研ゼミ小学講座 チャレンジタッチの詳細
対象年齢 小1~小6 ※新1年生(年長さん)もOK
学習内容 国語・算数・英語・理科・社会・プログラミング・電子書籍
※理科・社会は小3から追加
専用タブレット あり ※自宅のタブレットやPCも使用可
無料体験 体験教材あり(紙テキストのみ)
補助教材 紙教材(年数回)・テスト予想問題集・学習ポスター(漢字や九九)・漢字辞典
学年と月額料金
(税込)
・新1年生(3,680円)
・1年生(3,680円)
・2年生(3,680円)
・3年生(4,490円)
・4年生(4,980円)
・5年生(5,980円)
・6年生(6,440円)
割引や特典 6ヶ月分一括払いなら半年で1,200~2,280円お得
12ヶ月分一括払いなら1年で6,820~9,100円お得
※割引料金は学年による
進研ゼミ小学講座 チャレンジタッチ公式サイトの挿入画像 進研ゼミ小学講座 チャレンジタッチ公式サイトの挿入画像
専用タブレットで勉強にフォーカス

進研ゼミのチャレンジタッチは、自宅のタブレットで学習できますが、おすすめは専用タブレットを申し込むことです。半年以上継続すればタブレット代金は0円になりますよ。

この専用タブレットでは外部のサイトを自由に見れないようになっているため、YouTubeで関係ない動画を見たりといった事態に陥らず、学習に集中して取り組めます。 また、採点は自動で行われますし、学習履歴をリアルタイムで保護者にメール通知してくれるので、子どもが1人で勉強できる仕組みが整っていると言えるでしょう。

何度も復習できるシステムで苦手を克服

タブレット学習はゲーム感覚で楽しく学べる反面、サラッと問題を解いて、時間が経ったら勉強した内容を忘れてしまうんじゃないか?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。 チャレンジタッチでは復習のシステムが充実しています。

Wとき直しシステムということで、単元終了後と月末の2回、問題を解いていく中で間違った問題をとき直すことが可能です。 紙ベースの学習だと苦手な問題だけを集めて勉強し直すというのは、小学生には難しい作業ですが、チャレンジタッチであればそれを自動で行ってくれるので、苦手克服に貢献すること間違いないでしょう。

ワンダーボックス

ワンダーボックス公式サイトのスクリーンショット画像

ワンダーボックスの詳細
対象年齢 4~10歳(年中~小学4年生)
※3~4歳や小学5年生以上でも申込みOK
コンテンツ
(育む力)
コードクラフターズ(プログラミング思考)
ずっこけびじゅつかん(発想力・表現力)
たいせん!ボードゲーム(論理性・戦略的思考)
ワークブック(論理性・戦略的思考)
トイ(思考力・創造性)
ビッグペーパー(発想力など)
専用タブレット なし ※自宅のタブレットやスマホで受講
無料体験 おためし版アプリあり
(バベロンプラス・ミッションハンター・コードクラフターズ・ずっこけびじゅつかん・ジュニアランド)
補助教材
学年と月額料金
(税込)
3,700円(12ヶ月分一括)
4,000円(6ヶ月分一括)
4,200円(月々払い)
※全学年共通の料金
※兄弟の追加は1人につき1,850円/月
割引や特典 お友達紹介キャンペーン
紹介した方はAmazonギフト券500円ゲット
紹介された方は初年度の利用料金8%OFF(実質初月無料)
ワンダーボックス公式サイトの挿入画像 ワンダーボックス公式サイトの挿入画像
STEAM教育を取り入れた新しい通信教育

「STEAM教育」とは、Science(科学)・Technology(技術)・Engineering(工学)・Art(芸術)・Mathematics(数学) の5領域を重視して実践されるアメリカ発の新しい教育のこと。
学びや仕事において知識はもちろん大切ですが、AIやロボットが台頭していくこれからの時代は、課題や興味を自分で見出し、問題を解決したり、世の中にないものを創造したりする力が必ず活きるようになります。

ワンダーボックスではこれからの時代に必要なあらゆる力を、STEAM教育を通じて育むことを目標としています。

週・月ごとに変化するアプリや教材で新鮮な学び

ワンダーボックスは、アプリで学べるデジタル教材と、テキストや巨大なシートなどのアナログ教材を使う通信教育です。
教材の開発を行うのは、世界150ヶ国に100万人以上のユーザーがいる思考力育成アプリ『シンクシンク』の制作チームである「ワンダーラボ」。

子どもの教育や教材開発の経験やノウハウが十分な教育のプロが、毎週アプリの教材内容を更新したり、毎月異なる教材を届けてくれたりするため、新鮮な教材でのワクワクが詰まった学びを継続できますよ。

スマイルゼミ 小学生コース

スマイルゼミ 小学生コース公式サイトのスクリーンショット画像

スマイルゼミ 小学生コースの詳細
対象年齢 小1~小6
学習内容 国語・算数・英語・理科・社会・プログラミング
専用タブレット あり ※自宅のタブレットやPCは使用不可
無料体験 Web体験会や2週間のお試し入会あり
補助教材 なし ※すべてタブレットで完結
学年と月額料金
(税込)
・1年生(4,268円)‬
・2年生(4,510‬円)‬
・3年生(5,170‬円)
・4年生(5,830円)‬
・5年生(6,710‬円)‬
・6年生(7,260‬円)‬
※別途、専用タブレット代10,978円を初月に支払い
※プラス500~1,000円程で発展クラスに変更可能
割引や特典 6ヶ月分一括払いなら半年で約3,000円お得
12ヶ月分一括払いなら1年で約12,000円お得
※割引料金は学年による
※契約継続で2年目以降はさらなる割引が適用
スマイルゼミ 小学生コース公式サイトの挿入画像 スマイルゼミ 小学生コース公式サイトの挿入画像
タブレットだが「書く学び」にこだわる

スマイルゼミでは他社のタブレット教材と比較すると、「書いて」答える問題が多くなっています。漢字や英語を正しく書くのはもちろんのこと、計算する際には途中式を空いたスペースにしっかり書いて思考を整理することが可能です。

また「書く学び」にこだわっているのもあり、専用タブレットと専用タッチペンの書き心地は高い評判を得ています。選択問題ばかり解きがちな通常のタブレット学習では得られない「記憶のための刺激」を、スマイルゼミの書く学びを通じて体感しましょう。

中学入試を意識した発展クラスも完備

一般的にタブレットを活用した通信教育では、基礎的な内容しか学習できずに、習熟度の高い子どもには向いてないことが多いです。しかしこのスマイルゼミは難しい内容も学べる発展クラスを用意しているため、中学入試の準備として入会するのもおすすめ。

教科書で習う範囲以上の問題に取り組むことで、論理的思考力や文章読解力、問題解決力を養うことができます。 若干のプラス料金が掛かってしまいますが、塾に行くことを考えれば安いものです。

Z会の通信教育 小学生タブレットコース

Z会の通信教育 小学生タブレットコース公式サイトのスクリーンショット画像

Z会の通信教育 小学生タブレットコースの詳細
対象年齢 小1~小6
※2020年6月時点で小2はなし
学習内容 国語・算数・英語・理科・社会・プログラミング・総合
※理科・社会は小3から追加
専用タブレット なし ※iPadとタッチペンを自分で用意する必要あり
無料体験 資料請求するとおためし教材あり
※タブレットでの体験はできない
補助教材 年2回の実力テストや漢字ドリル(紙テキスト)あり
学年と月額料金
(税込)
・1年生(3,520円)
・2年生(2021年度に開講予定)
・3年生(7,040円)
・4年生(7,590円)
・5年生(8,250円)
・6年生(8,800円)
割引や特典 6ヶ月分一括払いなら半年で2,500~5,000円程お得
12ヶ月分一括払いなら1年で6,000~15,000円程お得
※割引料金は学年による
Z会の通信教育 小学生タブレットコース公式サイトの挿入画像 Z会の通信教育 小学生タブレットコース公式サイトの挿入画像
レベルの高さはそのままでより分かりやすく

Z会の通信教育といえば、昔からどの通信教育よりも学習内容のレベルが高いことで有名ですが、そのレベルの高さをタブレット学習でもそのまま引き継いでいます。
アニメーションや動画といった動きのある視覚教材が加わったので、紙の教材だと学力が低い子どもには理解が難しかった内容も、スムーズに理解できるようになりました。

タブレット学習なのに紙と同じく担任指導あり

Z会の通信教育は以前より担任指導者が1年を通して子どもの学習をサポートするようになっていますが、タブレット版でも同様です。分かりやすく丁寧な添削指導はもちろん、月1回の定期面談を通して担任の方とメッセージのやり取りを行うことができます。

TOP